AGAの治療とは?

体内から働きかける治療

薄毛は様々な原因によって発生するため、特定が難しい場合があります。たとえば、寝不足や栄養不足、不衛生な頭皮環境などで抜け毛が多くなり、薄毛に進行する状況は考えられます。
また、年齢によって脱毛の症状が進行することもあります。寝不足や栄養不足、不衛生な頭皮環境などは取り組み次第で改善できます。しかし、年齢による脱毛の症状は自分で考える対策では効果を実感できないケースは存在します。
それでも、薄毛は病院で治療できる状況になっているため、回復の希望は持つことができます。薄毛の治療としては体内から発毛に働きかけるための服薬が一般的です。薬を飲むというシンプルな方法ですが、体内から薄毛に働きかける方法は効果は大きいです。

外側から発毛を促進する

薄毛は体内から服薬によって発毛が可能な治療法と外側から発毛を促進できる塗り薬による治療法があります。塗り薬は頭皮全体や薄い部分に塗ることで毛穴に成分が浸透することで発毛が可能となります。
服薬に対して抵抗がある場合であっても、塗り薬は外側から塗るだけなので抵抗の少ない治療法と言えます。服薬と塗り薬はどちらも効果的なので、薄毛から回復したい気持ちが強い時は服薬と塗り薬の両方に挑戦する選択が効果的です。
体内と外側の両方から同時に発毛に働きかけることによって、より発毛しやすい状況となります。ただし、体内と外側からの薄毛治療となれば、片方だけの治療法を実施した場合に比べると必要となる費用は大きくなります。